スポンサーサイト

  • 2017.08.27 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    月イチゴロー2010年冬

    • 2010.11.21 Sunday
    • 21:30
    久しぶりに月イチの感想を書いてみる。

    冬映画ってものすごいざっくりしたくくりだなと思いました。どうしてもヤマト入れたかったのかな?と思ってしまいますね。
    ランキングはこちら。
    第1位:SPACE BATTLESHIPヤマト
    第2位:クリスマスストーリー
    第3位:ゴースト もう1度抱きしめたい
    第4位:ラストソルジャー
    第5位:ゲゲゲの女房

    あくまで吾郎さんのランキングなので…。ゴーストの時に「男性側に共感できない」という事を言ってましたが、同じような事を「わたしの頭の中の消しゴム」の時に言っていた気がします。確か「消しゴム男」まで言っていた記憶が。そこはやはり男性目線で見てしまうんだなと思いました。時々「僕の乙女な部分が」みたいな事も言っているし、不思議な方です。ヤマトはだんだん見に行きたくなってきました。12月は相棒もあるけど、なんとか見に行く時間を作りたいと思います。

    12月は月イチあるんでしょうかね。冬休み映画でやりそうだけど、どうだろう。個人的に「相棒」の話を聞いてみたいのですが、順位が低かった時にファンが怖そうだからやっぱりなくていいです。
     

    ヒレ酒ふぐさし2月(2008年2月 月イチゴロー)

    • 2008.02.27 Wednesday
    • 22:11

    ヒレ酒を飲んで本当においしそうにしてましたね。あまりリアクションでおいしさを表現することはなかったので新鮮でした。それだけおいしかったんでしょうね。では、さっそくランキング。

    第5位:アメリカンギャングスター
    これが5位とはかなり意外でした。主演2人の演技はいいけど、ストーリーが…だそうです。でも今月はけっこう他が強敵だったかもしれませんね。

    第4位:アニー・リーボヴィッツ レンズの向こうの人生
    ドキュメント映画のようです。私もこの写真家の方は知らなかったのですが、確かに見たことある写真がいくつかありました。語り口からすると、もう少しランクを上にしたかったんじゃないかと思いました。

    第3位:エリザベス:ゴールデンエイジ
    どちらかというと女性の方にオススメ。吾郎さんの乙女の部分が刺激された作品のようです。今回見てみたいと思ったのはこれでした。衣裳も凄いけど、ケイトブランシェットの迫力がそれに負けてないというのは映像でなんとなく伝わってきました。

    第2位:ラスト、コーション
    冒頭の「真っ直ぐ○○○映画」という発言にぶっとんでしまいそうになりましたが、よかったらしいです。でもそういうのを通り越えた映画なんだろうなと。好奇の目でこの映画を見るのが間違っているのかもしれないとさえ思いました。スマタイによると「僕も出たい」と言っていたらしいです。

    第1位:潜水服は蝶の夢を見る
    自伝小説が原作(?)のようです。なんとなくこれが1位かなと思ってました。本人が見ているようなカメラアングルが不思議な感じでした。

    今回はなかなか接戦の月イチでした。

    ホットワイン1月(2008年1月 月イチゴロー)

    • 2008.02.21 Thursday
    • 22:19

    すっかり遅くなりました。1月の月イチ。吾郎さん的には全体的にパワー不足だったようです。1月はホットワインにひざかけでした。

    第5位 シルク
    まさかMrビーンより下とは思わず。意外でした。

    第4位 Mrビーン カンヌで大迷惑
    Mrビーンって凄くなつかしいなと思いました。ちょっと前にブームがあったという印象。10年たって「何故今なのか」らしいですが(汗)コメディは好きですが、ビーンは見たことないなあ。

    第3位 アース
     映画館で予告を見ましたが、映像は本当に凄かったです。内容としてはどうなんでしょうか??こういう映像は映画館で見るべきだと思います。

    第2位 レンブラントの夜警
    ミステリーという言葉には惹かれます。ただ2〜3回は見ないと分からないって、かなり難しいのではと思います。絵に隠された謎ということでダヴィンチコードに近いのかと思ってます。

    第1位 スウィニートッド フリート街の悪夢
    今月の1位はこれしかないかと思ってました。血が多いというのがひっかかって結局見てません(流血映像はどうも苦手)でもジョニーデップの歌は聞いてみたかったかも。

    長いこと月イチを見ていると、月イチで最も重要なのは順位ではなくて吾郎さんの語り口調なのだなと思います。本当に気に入った映画を語る時の口調ってやっぱり違いますもんね。あっという間に2月の月イチ。2月は邦画しか分からないので洋画関連に何があがってくるか楽しみにしてます。

    Mステ12月

    • 2008.01.11 Friday
    • 23:44
    すっかり感想アップ忘れてました(汗)
    しかし前日のMステスーパーライブ前に収録とは忙しいですなあ。カプチーノに似顔絵を描いてもらって(かわいかった〜)「この冬一番の思い出」と言っていた大下さんがかわいかったです。ちなみに「この夏一番の思い出」発言も夏休みの月イチスペシャルで言ってました。

    第5位 ザ・シンプソンズ MOVIE
    アニメだから子供向きかと思っていたらそうでもないらしい。毒が強すぎると。けっこう子供ウケしそうな作品だと思っていたので意外でした。

    第4位 チャプター27
    これはドキュメント映画のようです。月イチでドキュメント映画は好きか嫌いかけっこうはっきり分かれるように思います。これは嫌いなタイプのような感じでした。

    第3位 スマイル 聖夜の奇跡
    監督が陣内さんだったのですね。知らなかったです。陣内さんらしさが出ている映画だそうです。

    第2位 俺たちフィギュアスケーター
    今回の5本の中で見るならこれが見たいと思いました。あと意外に順位が上だったのでそれも意外でした。ギャグというか、笑いの部分は好みではなかったようでしたが、それでもこの順位なのだからきっとおもしろかったんだろうと思うので。男同士でフィギュアスケートという発想がなかなかないですね。

    第1位 カンナさん大成功です!
    2位も意外だったけど、これの1位も意外でした。整形というテーマがどうかなと思っていたので。キム・アムジュンさんを大絶賛してました。

    フレンチ11月

    • 2007.12.14 Friday
    • 14:52
    11月の月イチの感想がすっかり遅くなりました。今回のお相手は大木アナでした。大下さんは休暇中とのこと〜。

    第5位 ミッドナイトイーグル
    飛行機マニアの視点で見ていたように思います。イーグルとタイトルにするくらいならF15イーグルをもっと見たかっただそうです。

    第4位 ナンバー23
    一応ホラーのカテゴリになるんでしょうか。あまり好きなタイプの映画ではなかったようです。

    第3位 ボーンアルティメイタム
    母が見たそうです。ボーンシリーズはずっと見ていたみたいです。話からすると前2作は観ていないのかなと思いました。3部作の完結編だけ観てもよく分からなかったのでは?と思います(スターウォーズの時も同じこと思いました。ジェイソンボーンの強さがクローズZEROの主人公と同じ、という感覚がイマイチ分かりません…。

    第2位 ALWAYS 続・三丁目の夕日
    前作よりよかったとのこと。これも母が見に行ってます。ここでも地味に飛行機マニアが炸裂してました。あの後大木アナに語った内容が気になります。

    第1位 いのちの食べかた
    吾郎さん、申し訳ない。食の大切さとか、分かっているけどこの映画を観るのは私にとってはちょっとキツイです。あれをキレイと言えることが凄いと思います。

    今月は見ていないのばっかりで・・・的外れな感想になっているかもしれません。

    吾郎さん情報を逃しまくっていますが、日刊のインタビューだけはなんとか買うことができました。「何故この時期に??」という疑問はありましたが、今年1年の月イチを振り返るいいきっかけになりました。「愛ルケは女性のエロ本」という見出しは強烈です。そういえば今週のスマスマのコントの間に挟まれる映像で、明らかにトランスフォーマーっぽいのがありましたね。赤い車が変身してロボットになるアニメーションです。一瞬あの赤い彗星かと思いましたがそんなわけもなく。誕生日が近い吾郎さんへのサービスかと思いました。

    ハモマツ9月&ハロウィン10月

    • 2007.10.24 Wednesday
    • 14:48
    気づいたら9月の感想を書く前に10月の月イチゴローも終わってしまいました。

    まずハモマツ&マツタケな9月。
    第5位 パーフェクトストレンジャー
    アーサーより下とは意外でした。オチがそんなに期待したいほどではないというのが理由のようです。色々言われる方も期待してしまいますしね。

    第4位 アーサーとミニモイの不思議な国
    リュックベッソンならもっと違うものが見たかった。もうこのテのアニメは入れなくてもと思うのですが。いつか吾郎さんのツボにハマるCGアニメというのも出てくる日がくるのでしょうか。

    第3位 ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序
    待ってましたーエヴァ。でも意外に冷静に語っていたように思いました。エヴァの感想というか、途中からほとんどガンダムの話してましたし。ガンダムは詳しくは知りませんが、エヴァと通じるものは確かに多いと思います。シャアのポジションはカヲル君かなと思ったり。10年前と比べてわかりやすくなっというのはアニメと比べて?それとも劇場版とのこと?

    第2位 スキヤキ・ウエスタン・ジャンゴ
    これよりエヴァを上にするかと思ってました。見に行こうかなと思ってましたが結局いけずじまいでした。タカさんも出てたし。予告も気になってたし。

    第1位 HERO
    「タモさんのサングラスがよかった」だそうです(笑)いつもと違って気になってました。でも、なんというか、タモさんがイマイチその「悪徳代議士」に見えないところもあった気がしまして…。あとイビョンホンの出し方がもったいなかった気も。私の個人的な感想ですが。最後にドキドキしたのは同感です。あのラストはずるいですよ。


    そんなわけで10月の月イチ。
    大下さんのマントがかわいかったです。乾杯の後さっそくパイを食べようとする姿もとてもキュートでしたよ、大下さん!!

    第5位 クローズZERO
    「意外によかった」だそうです。なんとなく吾郎さんが好きなものとの真逆に位置している世界だと思います。高校のトップを取りたいという気持ちがわからないと。ビーバップハイスクールのモノマネもしてましたが、時代が変わっても不良高校生モノというジャンルは残っていくものだと思いました。小栗君はいつまで高校生の役をやるのかな。

    第4位 ヘアスプレー
    ナヌーを除いた4作品で見てみたいと思った作品はこれでした。ミュージカル映画だそうですが、知らなかったです。トラボルタの女装姿の強烈さを味わってみたいです。

    第3位 北極のナヌー
    ナヌーが3位ですか…意外だ…。それだけグッドシェパードとパンズラビリンスが良かったということなのでしょう。地球温暖化というテーマを出しすぎてない所がいいというのは同感です。見に行くまではもっと押し付けがましい感じかと思っていたのです。映像も迫力がありますし、北極の動物の生態も興味深いものがあります。ぜひ劇場でどうぞ。

    第2位 グッドシェパード
    映像を見ただけで吾郎さんが好きそうな感じの映画だと思いました。たっぷり映画を楽しみたい時にオススメだそうです。

    第1位 パンズラビリンス
    もう絶賛でしたね。ananでも熱く語っていましたし。コトイチの映画だそうです。10年に一度の出会いという言っちゃうくらいだから、本当にお気に入りの映画なんですね。

    最後に。慎吾の「風の強い日は室内で収録した方がいい」という発言も同感であります(笑)

    シャンパンかき氷を食べる男

    • 2007.09.05 Wednesday
    • 14:38
    2ヶ月ぶりの月イチ。録画が消えた私にとっては半年振りの月イチでした。スペシャルはきっと夏休みスペシャルだったのだろうということにしておきます。

    第5位 ベクシル 2077日本鎖国
     ストーリーよりは映像を見せたかった映画とのこと。確かに映像が凄いのは分かるけど、それだけだと。これ私も時々思います。特に少し前のゲームあたりでよく思ってました。映像を見せたいならゲームにする必要がないのでは?と思う作品を見てきました。それと同じかもしれません。

    第4位 ラッシュアワー3
    ジャッキー映画は風物詩みたいなもの。前にジャッキーの映画が入っていた時もそんなに評価はよくなかった記憶があります。CGアニメとかと一緒なのかな?これ以上でもこれ以下でもいけないというのは分かる気がします。ジャッキー映画はあまり見たことないですが、お約束みたいな感じがあるんだろうなとは思います。多分それがあるから河本さんの「お前に食わせるタンメンはねぇ」のネタがあるのだと思いますし。

    第3位 シッコ
    これ2位あたりにいくかと思ってましたので意外です。アメリカが好きだからこういう映画を作るのだと言ってました。「日本じゃできない」というのは納得です。医療業界は身近なので見てみたいとは思いますが…映画館に行くのは厳しいかな?

    第2位 西遊記
    慎吾が大切にしているものがある。慎吾のことを中心にしゃべっていましたが「絶対ハットリ君より好きだと思う」というのは軽く辛口でしたね。つよぽんも木村さんも西遊記に出たのに「僕は呼ばれなかった…」というのが本音??

    第1位 トランスフォーマー
    素晴らしい!!
    今回はダントツでこれが1位だったんだろうと表情を見て思いました。他の4作品を語っている表情が明らかに違いますもの。ロボットだけじゃなく、車が変身するのがいいとのこと。しかもその後大下さん相手にロボットのマニアックな話を20分以上もし続けてたらしく(汗)そこは見事にカットでした。スペシャルというくらいならそこを流してよーと思いましたが、一方できっとついていけない話だったと思うでカットでよかったのかもと思ったり。でも、好きな物を熱く語っている時の吾郎さんを眺めるのは好きなのでやっぱり見たかったです。

    2ヶ月ぶりの月イチでしたが、最後のトランスフォーマーの語りで満足しました(笑)また9月末には月イチがあるのかな?9月は「HERO」が入るでしょうね。個人的にはエヴァを入れて欲しいのですが、ロボット物は今回の件で避けられそうな気がします(汗)エヴァ嫌いじゃないとは思うのですが、どう思っているのか一度聞いてみたいです。

    吾郎人形が欲しい

    • 2007.07.05 Thursday
    • 09:29
    今回の月イチはパーカー仕様でした。映った瞬間に「パーカーだ、パーカーだ」と騒いでました(笑)でもあの髪型って、普段の髪型からどうやってセットしているのかイマイチよく分かりません。

    第5位 シュレック3
    もうCGアニメに関しては好みの問題になっているんではないかと思います。吾郎さんはアメコミもCGアニメも好きじゃないと言ってますが、普通のアニメはわりと好きっぽいですよね。というか、ガンダムが好きなだけ??それともロボットアニメが好きなのかしらん。

    第4位 大日本人
    笑いのツボは人それぞれに納得。これも言ってしまえば好みの問題でしょうしね。ちらっと映った映像だけで見るならあまり吾郎さんの好みではなさそうな感じでした。実際に見てみないと分かりませんが。

    第3位 ゾディアック
    これが1位だと思ったので意外でした。映画としては良かったみたいだけど、犯罪者をヒーロー扱いしているのを不謹慎だと言っていたのが理由でしょうか。事件モノなので見てみたいと思ったけど、ちょっとグロそうで警戒していしまいます。

    第2位 監督・ばんざい
    ここで言ってた「吾郎人形が欲しい」発言が忘れられません。映画の中でたけし人形がどう使われているかが気になってたまらなくなりました。たけしさんの作品が本当に好きなんだろうなということが伝わってきました。

    第1位 女帝 エンペラー
    とにかくチャンツィーが良かったそうです。これまでの彼女の作品はあまり好きじゃなかったけど、これはよかったとのこと。チャンツィーは何かの作品でも(作品は別として)誉めていたような気がします。

    6月は映画を1本も見に行きませんでした。7月は行くぞ。
     

    アニメはガンダム(2007年5月)

    • 2007.05.28 Monday
    • 23:20
    実は映画のコメントよりも髪型が気になっていた今回の月イチ。確かに前よりは短くなっていたような気がするけど、風ですぐ髪型が変わるので正直確認ができませんでした(汗)後ろは少しすっきりしていたなかなと思います。このバスツアーがまさか吾郎さんチャーターだったとは!さすがSMAP。しかも最後はパルコ劇場に到着して、贅沢な出勤ですなあ。そんなわけで月イチ。

    第5位 リーピング
    「イナゴ少女」しか覚えていない。でもチラシを見て「イナゴ少女あらわる」とコメントがあったら気になって選んでしまうかもしれません。でもキリスト教が分からないと良さが分かりにくい作品らしい。なかなか宗教が絡んでくると日本人には理解しにくいかもしれませんね。

    第4位 初雪の恋 ヴァージンスノー
    ラブストーリーのお子様ランチのような映画だそうです。韓国映画だと思っていたら日本との合作みたいですね。こういうラブストーリーはあんまり好きじゃなさそうな感じでした。

    第3位 スパイダーマン3
    「スパイダー、スパイダー、スパイダー」といきなりはしゃぐ吾郎さん。それはこの間のスマスマのコントのネタですか?アメコミが好きではない、アニメはアニメのままでいいというのが吾郎さんの言い分。私もどちらかといえばアニメはアニメのままでいい派です(鬼太郎は見に行ったけど)その後に扇子で叩きながら「アニメはガンダム」と熱く語ってました。やはりガンダムですか(笑)本当に月イチに入ったらどんな語りをするんだろう?大下さん置いてけぼりは決定でしょう。

    第2位 主人公は僕だった
    案外こっちが1位かと思ってましたが、そうでもなく。テーマとしてはおもしろいけど、オチがストレートだそうです。この5本の中なら見てみたいと思ったのはこの作品でした。

    第1位 パッチギ LOVE&PEACE
    これが1位とは正直意外でした。あんまり好きなジャンルではないのかと思っていたので。でも「つかさんの舞台みたい」と言ったのを聞いて納得。脚本の方も一緒にお仕事した方だったのですね。「伝えたいものがちゃんと伝わってきた」というのが高評価のポイントだったのかもしれません。

    いつもスマタイムズをもらってから月イチの感想を書いてますが、木村さんへのインタビューで吾郎さんの名前が出てくるのがツボでした。スマステの映画担当だそうですよ。

    ラオウの弱いところなんて見たくないんです(2007年4月)

    • 2007.04.30 Monday
    • 23:02
    「あんな笑顔見たことない」

    ちょっと嫉妬している大下さんがかわいらしかったです。最近月イチは大下さんというだけで嬉しくなってしまいます。堂さんや武居さんもいいんだけど、やっぱり月イチは大下さんでなくちゃと思うのです。

    第5位 恋愛睡眠のすすめ
    映像を見ただけで慎吾が好きそうだと思いました。そして吾郎さんは苦手だろうと思いました。私もちょーっと苦手なタイプの映画だと思いました。たぶんハマれない世界観だなと。「美容院でのBGVにいい」って言葉はなかなか出てこないと思います。

    第4位 真救世主伝説 北斗の拳 ラオウ伝 激闘の章
    慎吾「吾郎ちゃんが好きだからいれた」と言っていましたが、本当に好きみたいで久しぶりにあの語りぶりが見られました。でも好きだけに出来は不満だったみたいです。北斗の拳でこんだけ語れるならガンダムだったらどうなったんだろう、と思ってしまいます。あまり詳しくは知りませんが、同級生の男性はよく知ってました。ラオウというあだ名をつけられた先生もいたらしい。

    第3位 ブラッド・ダイヤモンド
    私の母が見たそうです。すごく重い話だったと言ってました。実はディカプリオが出ている映画だとは知らなかったです。

    第2位 バベル
    ananでのほめっぷりから1位かと思っていたので意外でした。菊地凛子さんの演技がかなり気に入っている感じでした。よく言っている「かわいい」というよりは、演技に惚れ込んだという方が強い気がしました。

    第1位 クイーン
    実話がテーマと聞いて「ブラックダリア」を思い出しました。感想の中の「役者ってすごい」という言葉がすごく印象に残りました。気がつくと泣ける映画らしい。最近の映画はなんとなく「ハンカチ持って見に来て」というのが多い気がするので、それは正反対の映画なのかなと。泣ける話だと思っていないのに、泣かされそうになる映画ってありますよね。「クイーン」はそんな映画なんでしょうか。

    ストリングスはこっちで上映あるのかな?
    監督も気になっているので行けたら行こうと思います。

    archives

    profile

    links

    search this site.

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM