スポンサーサイト

  • 2017.08.27 Sunday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    るろうに剣心(2014/8/.1金曜ロードショー)

    • 2014.12.29 Monday
    • 13:41
    学生時代の得意科目といえば日本史で、好きな時代と聞かれたら幕末から明治と答えていました。そんな幕末好きのきっかけとなった作品は「るろうに剣心」の原作でした。といってもコミックを集めていたわけではなかったので、細かいストーリーは覚えていませんでした。ですがだいたいのキャラクターは分かっていたので、映画を見るには困らなかったしだけどストーリーは分からないから新鮮に楽しめるという利点はあったかと思います。

    実は劇場版の続編を先に見てしまってます。どちらかというとこの映画の登場人物の方が覚えてなかったです。武田観流や鵜堂刃衛も名前は覚えていましたが、外見や性格などは全く覚えていませんでした。あと意外に高荷恵の出番が早かったんだなーと。武田観流の香川さんは大和田常務ばりの悪役と思いましたが、よく考えてみたら半沢よりもこっちの方が早かったです。ガトリング砲も名前だけは覚えていたけど、物は忘れてました。ガトリング砲を撃っている香川さんがとても楽しそうでした。鵜堂刃衛はそういえはこんなビジュアルの人物がいたかもしれないぐらいのレベルでした。幕末で吉川さんというと西郷さんと思う八重の桜視聴者です。
    この映画を見ようと思ったのは、続編を先に見てしまったので初回に興味を持ったというのもありますが、もう1つの理由は綾野剛が出演していると知ったからでした。いつ出てくるんだろうと思いながら見ていたら、わりと後半でした。wikiで役名を調べたら外印(げいん)という役で、原作とは若干設定が変更になっていたようです。金髪で両手で銃をぶっ放すという狂った役だと思いました。
    続編もそうだけど、齋藤一(藤田五郎)役の江口さんかっこいいですよね。他の役者さんも原作の雰囲気を出している方が多くて嬉しいです。この映画には出てないけど、瀬田宗二郎役の神木くんはぴったりでしたね。

    単純なもので映画を見てから原作を読み返したくなっています。
    いつか読み返したい。

    ガメラ2 レギオン襲来(BSプレミアムシネマ 2014/8/19)

    • 2014.10.29 Wednesday
    • 16:12
    水曜どうでしょうのファンとしてこの映画は一度見なくてはと思っていました。1996年の映画なのでもう18年前の映画になるんですね。パソコンや携帯電話の扱いに時代を感じました。あとズームイン朝!のキャスター役として福留さんがそのまま出演していたのにも時代を感じずにはいられませんでした。そういえばこの映画をリアルタイムで見ている最中に北海道での地震のニュースがあって「え!?」となり、それはちょっとシャレにならないと思いました。
    実はミスターと洋ちゃんの出演は知っていたものの、ヤスケンが出ていることは知らなかったのです。なにげにツイッターでつぶやいたらけっこう有名な話だったみたいでした(恥)
    ヤスケン→冒頭で隕石落下を伝えにくる自衛隊員
    洋ちゃん→地下鉄車内でレギオンに襲われる乗客
    ミスター→避難を呼びかける市役所職員
    で、洋ちゃんとミスターについては水どうで映像を見たから分かっていたけど、これ知らなかったら洋ちゃんが一番難易度高いと思いました。ヤスケンとミスターはセリフがありますけど洋ちゃんはないですからね。しかも停電しているシーンで画面が暗いので顔もけっこうわかりにくいですからね。そしてキャストに洋ちゃんだけ名前なしまでがオチ。あとガメラ登場シーンのBGMて水どうのアレなんだという事も知りました。
    映画の感想というか、これではただのオフィスCUEのエキストラ出演探しがメイン(笑)パシフィックリムは見たけど、怪獣映画はあまり知識がないのでどう書いていいのかよく分からない。ただ日本の怪獣映画で自分の知っている地名が出てくると、気持ちが盛り上がってくるのは何故なのか…。
     

    のぼうの城(BSプレミアムシネマ 2014/8/2)

    • 2014.10.23 Thursday
    • 23:04
    この映画に水攻めのシーンがあったので公開が遅れたという話は聞いていたのですが最終的にいつ上映になったのかは知りませんでした。相棒の甲斐享役をきっかけに再び成宮寛貴という役者に興味を持つようになり、この「のぼうの城」にも出ていることも知りました。漠然と見たいと思ってはいたのですが、まだ大河ドラマを見始める前で歴史モノには抵抗があり見ないままになっていました。2014年のお正月にTBSで放送されたのを録画はしたのですが、時代背景も分からず理解できないままだったので冒頭だけ見て消してしまいました。そのまま夏になり今度はBSプレミアムで放送するというのでまた録画しました。軍師官兵衛をハッシュタグを追いながら見ているうちにやっと「のぼうの城」の時代が理解でき「軍師官兵衛で忍城水攻めのあたりまできたらのぼうの城を見る」と決め、10月にようやく見ることができました。
    そんなわけで感想メモ。

    ちなみにこの映画に黒田官兵衛は出てきません。冒頭の高松城の水攻めは官兵衛の作戦で、三成がそれを忍城にもやろうとしたわけです。話の中でのぼう様と呼ばれているのは成田長親。偉い人のわりには農民のところでたわむれるのがお好きなようである。成田家の家臣は長親、丹波守(佐藤浩市)和泉守(ぐっさん)酒巻靱負(ナリヒロさん)がメインなのかな。丹波守&和泉守が強すぎる。丹波守は槍の名手で和泉守は腕力なら誰にも負けない感じであった。靱負は初陣のなのに自信満々なまだまだ青い感じの青年でした。カイトぽいポジションちゃぽいかも。個人的には、農民達がまいた油の上の豊臣軍に向かって火の矢を放つ靱負のニヤ顔がたまりませんでした。そしてちゃっかり自分をアピールするのも若いねと思ってしまう。圧倒的に不利な条件の中で豊臣軍に勝利した忍城であるが、豊臣軍は忍城の周囲に堤を作り、水攻めをすることにする。確かにこの水で建物が壊れるシーンは震災後では上映できないだろうと思いました。2014年になって一応TVで放送できるくらいの時期になったということなのでしょうか。のぼう様が水につかった船の上で田楽を舞うシーンはさすが萬斎さんだなと思いました。そんななか豊臣軍に撃たれてしまう長親。しかし豊臣軍の農民が堤を壊してしまい水攻め作戦は終わってしまう。結局は民衆を味方にしたのぼう様の勝利だったのかな。

    ちゃんと歴史を整理しながら見たらおもしろかったです。軍師官兵衛を見る前は佐吉=石田三成が分かってなかったくらいですから。あとナレが誰かと思ったらあずみんだったのね。

    archives

    profile

    links

    search this site.

    PR

    calendar

    S M T W T F S
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM